ホーム > 製品 > 駐車場ガイダンス超音波センサー

パーキングガイダンス用フォワードマウント超音波センサ

設置高さとセンサーの設置場所:駐車場の入り口にあるパーキングライン(上に非ゴム製キャッチホイールの端)を取り付け、ケーブルトレイで固定します。 センサは、以下のようにトレイに垂直です。(位置と高さの範囲、回路図の説明を含む...

お問い合わせを送る
制品の詳細

設置高さとセンサーの設置場所:駐車場の入り口にあるパーキングライン(上に非ゴム製キャッチホイールの端)を取り付け、ケーブルトレイで固定します。 センサーは、以下のようにトレイに垂直です。

image001.png 

(場所と高さの範囲の説明、設置場所と高さの概略図を含む)

センサの設置高さ:Z軸方向が2.0〜3.0m(設置高さは、センサをケーブルトレーの底から地面に離して設置した後の高さ、センサの高さ:125mm)を接地。 設置高さは2.2m〜2.8mとすることを推奨します。

センサの設置場所:X軸方向の駐車中線(例えば、駐車幅2.4m、中間線と両側の距離1.2m)

Y軸方向は車線側にあり、駐車場から0〜0.5m以内に駐車場付近に設置することを推奨します。

設置高さに対応する水平設置距離は次のとおりです(対応する最良の駐車寸法は2.5×5mです。他の駐車場の設置場所は、実際には駐車場の停車場所と比較して調整されます)。長さ5mの駐車場、停留所と駐車場の間の距離は5-1.1 = 3.9m、すなわちセンサーの水平設置場所と停留所の間の距離は3.9-4.4mとする。非5mの長さは、方法によって調整することができます。実際の状況については、関連技術者にご相談ください。)

blob.png

設置高さ

取り付け高さに関する注意

駐車場の水平設置からの距離

2.0m〜2.2m

2.0mを含む

0.4mより小さい

2.2m〜3.0m

2.2mを含む

0.5mより小さい

注:蛍光管のすぐ下には設置できません。 水平距離と蛍光管との間の距離は20cmより大きい。 しかし、車体から30m外のセンサのインジケータライトの状態を運転者が見ることができるという条件を満たしていなければならず、視線はポストのような物体によって遮られることはない。

取り付け後のセンサーの方向:2つのセンサーは、駐車の方向とは反対の方向です。 左右の偏角は5%を超えてはいけません。 センサがトレイの下に垂直に固定されていることが保証されている場合と反対の方向に、ポスト、トレイ、エアホースなどの遮蔽物がないことが必要です。

センサの設置環境:湿度範囲は40%〜70%RHです。

横向き駐車、駐車の側面と長辺に設置することができます。 設置距離と側面の距離は0.2〜0.5mです。 高さは通常のインストールモードと同じです。

Hot Tags: 前方取り付け用超音波センサー、パーキング、メーカー、工場、卸売り、カスタマイズ、割引、価格
Related Products
引き合い